外壁塗装・屋根工事

■ 外壁塗装はなぜ必要? 見た目だけじゃないその重要性

外壁は雨風や直射日光からお客様のお住まいを守る盾のようなものですが、ずっと効果を発揮してくれるわけではありません。
この塗装面は年月が経つにつれて劣化してしまいます。

劣化した盾はやがてひび割れてしまい、水分の建物内部への浸入を許してしまいます。こうなると盾の意味がありませんね。

建物内部に水分が浸入すると、外壁内部の劣化が進行。
建物自体が腐食するとコンクリートに含まれるセメント成分が中性化してしまい、本来持つ強度が失われてしまいます。

そればかりか、雨漏りが進行して内部の湿度が高くなると、シロアリ発生の原因となることも。
そうなるとますます被害が拡大してしまい、最悪の場合、建て替えなどの大規模な工事しか対処法がなくなってしまいます。

大切なお住まいに長く住むためにも、適切なタイミングで塗り替え工事を行ないましょう。当社では10年ごとの外壁塗装をオススメしています。

お客様でも簡単に診断したい場合は、まず外壁を手で触ってみましょう。
手に白い粉がついたり、色あせが見られた場合は外壁塗装のタイミング。
心当たりのある方は外壁塗装をご検討ください。

■ お住まいの寿命を延ばす秘訣は屋根工事にあり!

屋根は外壁以上に雨風や直射日光、動物の糞害などダメージを受けています。
そのため、外壁以上に劣化していることも多く、お住まい長持ちの妨げになることもしばしば。
外壁塗装と同様に屋根塗装も必須となりますが、外壁と比べると普段あまり意識することのない場所のため、工事する必要があるのかどうかわかりづらいところです。

当社では、屋根ふき替え・漆喰・雨樋・板金の補修工事・雨漏り修繕など、屋根工事全般に幅広く対応可能。
屋根の劣化状態を正しく判断し、その時の状態に最も適した施工を提案いたします。

○屋根ふき替え工事

屋根ふき替え工事とは、既設の屋根を取り除き新しい屋根に交換する工事のこと。
屋根は雨風や直射日光、動物の糞害などの外的影響を最も受けやすく、屋根瓦に破損・ズレ・浮き・板金のサビといったトラブルに見舞われることも数多くあります。

天井や壁が水にぬれたようなシミが出来ていたら、屋根ふき替えのタイミング。
また、お客様で確認できる高さの屋根の場合は、屋根瓦のズレや割れ、欠けが生じているか、草やコケが生えているかご確認を。
こうなっていたらふき替え工事のタイミングです。
もちろん、お客様では確認できない場合の方が多いと思いますので、確認はプロにお任せください。

また、既存の屋根材の上にスレートやガルバニウムを重ねて行なう屋根カバー工法にも対応可能です。
まずはお問い合わせください。

○漆喰の補修工事

「漆喰」は屋根の瓦と瓦の接着に用いられているもの。経年劣化で漆喰が崩れてしまうと、瓦のズレや割れ、欠けが生じ、そこから雨水が浸入して雨漏りの原因に。
また、不安定になった瓦が落下し、近隣にお住まいの方や通行人に怪我を負わせたり、物を破損させる恐れもあるので大変危険な状態です。

古い漆喰の除去と新しい漆喰の詰め直しで、屋根の健康を保ちます。

○雨樋の補修工事

雨樋とは、屋根を流れて行く雨水をまとめて下水や地上に流す設備のこと。
雨樋がないと、雨水が住宅に浸入して腐食の原因となったり、外壁に流れて外壁の劣化を招いたりします。

当社では雨樋の修理・点検も承ります。

○板金の補修工事

これらの工事と合わせてご検討いただきたいのが板金工事。
「板金」は屋根にとって重要な部材です。

「板金」は、屋根と屋根の接合部をカバーして雨水の浸入を防ぐ役割を担っていますが、屋根は外的影響を最も受けやすい箇所。
「板金」はその屋根にあり、破損・変形に気づきにくいので要注意。
不具合をそのままにしておくと雨漏りや腐食に繋がります。

○雨漏り修繕

屋根の不具合を放置していると、雨漏りに繋がります。
雨漏りが起きたままにしていると、木材が湿り、シロアリ繁殖の好条件が整ってしまいます。

シロアリは建物内の木材を食べるので、建物自体が空洞化してしまい、耐久性が急降下。
最悪の場合、お住まい全体を建て直すことになることも考えられます。

高額な費用が発生する前に、雨漏り対策を行ないましょう。
雨漏り診断など無料で承ることのできるものもありますので、まずはお気軽にご相談ください。

■内装・水回りリフォーム・エクステリア工事・ウッドデッキの設置のことなら水本工務店へ!

【電話】 072-272-2765
【受付時間】 9:00~18:00
【定休日】 日曜日
【メール】こちらのフォームよりどうぞ(24時間受付)≫
【対応エリア】 大阪府内(大阪府以外もご相談下さい)

 

一覧ページに戻る